債務整理を行う前に無料相談がおすすめの理由

債務整理は、借金を返済できなくなった場合に用意されている解決するための手続きです。自己破産、任意整理、個人再生といった方法があり、事情や考え方に合わせて選択する事が出来ます。ただし、いずれの方法であっても信用情報機関に記録されてしまうので、気軽に行えるという内容ではありません。

信用情報機関は、消費者金融やクレジットカード会社の利用履歴を管理しており、ローン審査等で業者からの照会に応じてそれを提供する事を業務としています。信用情報機関に債務整理を行った事が記録されている状態は、ブラックリストに載っていると表現されています。この状態にある間は、ローン審査を通過する事はありません。任意整理であれば5年、自己破産と個人再生は5年から10年、この状態が続く事になります。

このために、債務整理を行う場合は、慎重に検討する事が必要となります。返済額を大幅に減らす事が出来るという部分では非常に効果的ですが、その後の生活にまで影響を及ぼしてしまうからです。さらに、個人再生と自己破産の場合は官報に住所と氏名が掲載されるので、誰にも知られずに手続きを完了させるという事は出来ません。自己破産の場合は、一部の職業に就く事ができなくなる資格制限が課せられるので、人によっては選択する事がそもそも出来ないケースもあります。

このように、債務整理は事前に慎重に検討しなくてはならない手続きです。方法によって内容には違いがあるので、第3者による冷静なアドバイスは非常に有効です。弁護士や司法書士の多くは債務整理の無料相談を行っており、法律の専門家による適切な助言を受ける事が出来ます。相談により疑問や不安を解消した上で、正式に債務整理を依頼する事も可能です。現状の正確な把握と債務整理の方法ごとの内容を認識する事により、困難な状況からの脱却が可能となります。インターネットやフリーダイヤルからの申込みに対応している法律事務所も多数存在しているので、忙しい人や余裕がない人でも利用できる環境が用意されています。